包茎手術の基本

包茎手術の方法についてですが、

ツートンカラーというのは、包茎手術で、よく使われるツートンカラーとは術後、陰茎の部分と包皮の部分との色が、違ってしまうことです。

包茎手術を泌尿器科など通常の病院で行う場合の方法です。

費用も保険適用になり、お得です。

ただし、包皮が焦げ茶、陰茎が薄ピンクという感じで、このコントラストのためにツートンカラーと言われます。

ただ、包茎手術の場合、手術をした直後は大なり小なりツートンカラーになります。というのは、陰茎はそれまで皮を被っていたため、色素沈着が少なく、色も薄ピンク色です。そのため、包皮の色と違ってくるのは自然なことと言えます。

ただ、見た目を重視するため、このツートンカラーの範囲をできるだけ少なくしようというのが、亀頭直下埋没法という手術方法です。これは、亀頭のカリ部分付近の陰茎に、包皮を縫合する手術方法で、陰茎の部分の面積が少なくなります。

縫合箇所が亀頭直下に近いほど高いレベルの手術が求められるため、手術費用も高くなる傾向にあります。

術後の時間経過で外気に触れていくために陰茎部分の色は、少しずつ赤黒い色に変っていきます。

包皮のしわに隠れ手術痕も目立たないというメリットがあります。

自力で剥くことが可能な仮性包茎であれば、ときどき包皮を剥いておけば、色が変わっていくため、ツートンカラーの差異を少なくできると思います。

 

一方、包茎治療専門のクリニックでは保険適用外ですが、年間何万人もの方が手術しています。というのは、包茎手術をした箇所の見た目の仕上がりの良さにあるからです。

包茎クリニックは、手術を専門扱っているスペシャリスト集団です。
包茎で悩んでいる人達の悩みである手術痕をできるだけ目立たなく、自然に仕上げて欲しいという要望に応えていくものです。

今は、10万円以下で手術ができるクリニックもあり、包茎手術を満足のいくものにしたい方は、一度無料カウンセリングを受けるといいでしょう。